つむじハゲの原因を知り、その対策方法を考える

つむじハゲというのは、つむじ周辺から髪の毛が薄くなる症状のことで、円形脱毛症とは違い髪全体も薄くなるのが特徴です。

 

男性の場合は頭頂部を自分でみる機会が少ないため、気付かないうちにつむじハゲになっていたという方も少なくないでしょう。

 

そのまま放っておけば、抜け毛はゆっくりと時間をかけて頭部全体へと広がっていきます。

 

なので手遅れになってしまう前に、つむじハゲは早めに原因にあった対処が必要です。

 

 

つむじがはげてくる原因

何故つむじハゲになってしまうのか、その原因はホルモンバランス。

 

主に女性ホルモンの分泌量が減少することで、つむじハゲが引き起こされると言われているのです。

 

例えば女性の場合は更年期で髪全体が薄くなってつむじの薄毛が目立つように感じるのも、女性ホルモンの分泌量が減少することにより引き起こされています。

 

これは男性でも同じなのです。女性は出産後や経口避妊薬、ダイエットやストレスを要因として女性ホルモンの分泌量が減少することもあります。ですが男性の場合は

 

  • 男性ホルモンが増えすぎる
  • 男性ホルモンが減りすぎる

 

といったカタチで、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れることからつむじはげが進行するのです。

 

このようなことが原因のつむじハゲには、当然のことながらホルモンバランスを正常に戻してあげる必要があります。

 

そのときに一番必要な栄養素が良質のタンパク質。女性ホルモンと類似する化学構造と作用をもつ大豆イソフラボンを含む食品を食べて積極的に良質のタンパク質を摂取するといいです。

 

 

つむじが薄い、つむじハゲが心配な人!ヤバいつむじの改善方法

つむじはげ対策の育毛剤最新ランキング